« 下山 | トップページ | 美女は? »

2010年12月21日 (火)

K2~千秋楽

すっかり、ご無沙汰しております。
もう今年も残すところ、あと10日あまり。。
いまさらK2の感想なんぞを…(笑)

つよちゃんの舞台は『父帰る/屋上の狂人』が2回、『瞼の母』は3回観てます。それぞれが素晴らしかったんですが…

よく、「舞台は生き物だ」と同じ作品でも役者のコンディションやハプニング、そしてお客さんによって全然違うものになると言うけど、実は今までは「見る角度によって」と言う意味での違いしか感じられなかったんですよ。お恥ずかしい限りですが役者さんの演技では、「あ、噛んだ」とかその程度。

でも今回は5日目と千秋楽を最前列と真ん中(H列)で観る事ができて、もちろん席の違いで見えるところと見えないところがあって、それは想定内だし、それが舞台の面白さなんだけど、そこに今までになかった違いがはっきりと感じられたような気がします。

どう表現したらいいのかわかりませんが、明らかに「芝居がノッている」…そう感じたんですね。そして2人はそれを心底楽しんでいる、と。

クサナギツヨシはテイラーそのものでした。
今まで、つよちゃん上手いなーすごいなーと思ってはいても、どこかでクサナギツヨシが演じる○○というモノを感じていたんですけど今回は違いました。それは、やっぱり堤さんが引き出してくれたのかなーと。ごまかしの効かない2人きりのお芝居だからこそ、はっきりと見えてきたのかなって思います。

堤さんとつよちゃんの関係とハロルドとテイラーの関係が重なったような気がして、それがまた良かったです。

カーテンコールは6回。
6回目は幕が上がったときに2人は客席に背を向けていたんですけど突然振り向いて紙吹雪を客席に向かって投げつけたんですよねhappy02
つよちゃんに乗せられた感じの堤さんでしたけど劇場が一つになって千秋楽をお祝いしていて、すごーく温かな雰囲気に包まれていました。

また堤さんと共演して欲しいな。今度は涙が出るくらい笑えるコメディーがいいかな♪
千秋楽では、つよ汁が確認できず…すごーく残念です(笑)

« 下山 | トップページ | 美女は? »

Stage」カテゴリの記事

クサナギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下山 | トップページ | 美女は? »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata