« 迫り来る | トップページ | スマスマ »

2008年7月 1日 (火)

山のあなた 徳市の恋

【監督】石井克人
【出演】草なぎ剛、加瀬亮、マイコ、三浦友和
     堤真一、広田亮平、津田寛治、黒川芽以
     洞口依子、松金よね子、渡辺えり子
     森下能幸、田中要次、三木俊一郎他
【制作】日本(2008年)

           
              

                     
見えない目であなたを見つめていた。。。

   
『按摩と女』を観たとき、ここには書かなかったけど正直、不安な気持ちもあったんですよね。
今の時代に、こんな地味な作品で大丈夫か?と。
しかも“カヴァー”

リメイクが流行ったりもしてるけど、どれもいい作品とは言い難いし最近の邦画と言えば原作があったりドラマの延長だったりして説明的でわかりやすい展開のモノが多い。
だから今思えば不安な気持ちの方が大きかったかも。
ただ念願だった加瀬さんとの共演や堤さんとの再共演はガッツポーズでしたけど(笑)

で、いよいよ本題。
『山のあなた』は4回観に行きました。

…何をどう書いたらいいんだろう(苦笑)

もうね、ただ単純に好きなんです。人を好きになるのに理由なんていらないってよく言われるけど、この作品もそう。ここがこうだから、なんて説明できません。

内容はわかっていたので後は、いろんな意味でどう色を付けてくれるのか、それが楽しみでした。公式で予告を観た段階でかなり期待できたんですけど本当に期待以上でした。

木漏れ日、川のせせらぎ、紫陽花、滝の水しぶき、雨音…今現在も当たり前にある風景がこんなにも美しかったなんて。そしてその中に存在するクサナギツヨシ。
まっすぐな純粋さがそのままお芝居に出る(@つつみん)ので作品によっては、それがどこかファンタジックで浮いてしまっているようにも見えるときがあるんですね、私的に。

今までで、それを全く感じなかったのはホテビだけだったんだけど、これもそう。それがうまーくハマってる。映像が美しければ美しいほど、つよちゃんにハマるんじゃないかなって思うんです。僕シリーズの世界観もそうだし。
つつみんがパンフの中で「今、この世界観を俳優として演じられるのは彼ぐらいしかいないんじゃないか」なんて嬉しいことを言ってくれているけど、本当にマッチしている。
古さと新しさ、現実と非現実が混在しているような、そんな感じ?上手く言えないけど。

今のところ『ホテルビーナス』と『山のあなた』が私の中で2トップです。

           
順不同で好きなところ
・ 冒頭の長回し
・ 「子供が何人来るか当ててみな」「赤ん坊が負ぶさっているよ」の言い方
・ 「なぜよ?」「どうしてよ?」とトクさんをマネるフクさん
・ フクさんの「ん~?」
・ 女学生に責め立てられるフクさん
・ お菊さんに椿油を渡す女好きなトクさん
・ 「ないしょ、ないしょ、なーいしょ」
・ 「ないしょ、ないしょ、なーいしょ」「ドン!(杖を突く)」
・ 美千穂とすれ違うシーンと下駄の音
・ 「クラブハミガキならあるよ
・ 手の感触で美千穂を思い浮かべるトクさん
・ 「僕やだぁ」
・ 「フクさんフクさん、オレ行くよ」の言い方がカワイイ
・ 「見えねーんだから突き当たるのは当然だろ」がカッコいい
・ サワさん全般(笑)
・ 滝で手ぬぐいを冷やして顔に当てるシーンの清涼感
・ 橋に取り残されるトクさん
・ 真太郎を追いかける美千穂(本当に美しい)
・ 美千穂を追いかけるトクさん
・ それを察して、その場を立ち去るフクさん
・ タイトルバックとエンドロール、そして音楽

           
なんか書き忘れてるような気が…。また思い出したら書くかもしれません。観てるとニヤニヤしてきちゃうんです。それぐらい好きなんです。早くDVD出ないかなー。

『海のあなた』でも『フクさんの恋』でもいいから寅さんみたいにシリーズ化して欲しい♪

« 迫り来る | トップページ | スマスマ »

cinema」カテゴリの記事

クサナギ」カテゴリの記事

コメント

ビケさん、いつも読ませていただいています。
「山のあなた」・・私も大好きな作品になりました。
どこが良かったとか、なかなか言葉に出来なかったんですが、ビケさんの書かれた文章に嬉しくなりました。 私の気持ちを代弁していただいたみたいで。
近くのシネコンは4日が最終なので明日、徳さんに逢いにいきます。 6回目です。 

霞草さん、はじめまして。
いつもありがとうございます♪
本当は感想文とか苦手なので、こんな拙い文章で申し訳ないな…といつも思ってます。
だから、そんな風に言って頂けると本当に嬉しいです(感涙)
6回目ですか~!相当好きですねぇ。でも好きな気持ちは私も負けませんよ(笑)
コメントありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。

今日、入り待ちの後、池袋の「テアトルダイア」
に行って来ました。
都内でももうここと六本木のみ。
初めての映画館でしたが、この映画にぴったりな
映画館でした。
なんか小さくて懐かしい映画館。
しかも劇場に「山のあなた」の
新聞やパンフの切り抜きがいっぱい
展示してあったの。
劇場の方の「愛」を感じてしまったわ。
しかも、20人位の方がご覧になって
1人もエンドロール終わるまで
立ちませんでした。ちょっと感動だったわ。

かなこ姫さん!
公式によると7月19日~25日まで有楽町スバル座でも上映されるみたいですよ☆
東京はいいですね~!
劇場を変えて見比べてみるのも面白いかも。
その「愛」のある映画館に行ってみたいです。なかなかそこまでしてくれる劇場って少ないですよね。小さな所だから自由が利くのかな。素敵です。
20人もいらっしゃったなんて嬉しいですね。こちらは最終日に7人でした。それでも多い方だと思う(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迫り来る | トップページ | スマスマ »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata