« 3口目 | トップページ | イライラ解消 »

2007年8月 4日 (土)

夏が過ぎてく~

起きたら取りあえずTV、帰宅したら取りあえずTVの私。でも、TVを点けないと時間の経過がのんびり感じられるので、最近は何となく点けずにいることが増えました。だから録画したテープがどんどん溜まって行きます。
でも、何か音が欲しいな~と思って一番近くにあったCDを聴いていて、何となく口ずさんだある曲で泣けてきた。。。
これは、そんな曲じゃないはず。
私は疲れているのか?それとも病んでいるのか??

だって…

『HOLIDAY IN THE SUN』…ですよ?

                        
表面上、ライブないのかなぁ…くらいにしか思ってなくて、それほどアツくなっていないつもりでいたんだけど。やっぱり、どこか心が不安定になるのかな。
あるべきモノがない。。。
来るべきモノが来ない。。。って生理かっ!(笑)

今、上層部の頭の中は映画のことでいっぱいなんでしょう、きっと。今年から来年にかけて5人の作品が立て続けに上映されますよね。どれも海の向こうを視野に入れて。

2004年に発売されたInvitationに「SMAP映画が爆発するのは、これからだ」とSMAPが特集されてるけど、それが“今”なのかもしれない。でもSMAPは本人たちもスタッフも優秀なハズなのに映画に関して言えば、どうもガッカリ感は拭いきれないんですよ(私的に)

一般的にも評価はあんまり。。。ですよね。ジャニだからとかSMAPだからって言うことで端から否定する人もいるかもしれないけど、そういう人の言うことも一理あるって言う感じ。
「SMAPだから」と期待しすぎているところもあるけど、それほどお金を掛けてなくても、脇をガッチリ固めなくても他にいい映画はたくさんあるのに、何でこうなっちゃうんだろうっていつも思う。

宣伝、宣伝、宣伝…
作品そのものより宣伝に力を入れることの方が重要なのかな?今に始まったことではないけど、ここ数年は異常。そんなに煽るんだからきっと面白いんだろうって思って観に行くとそうでもない。そんな風に感じている人は多いと思う。私だってファンの欲目がなければあらすじを読んだだけで観に行きたいって思えて、そして観た後に満足できた作品って本当に一握りどころか一つまみしかない。

映画に力を入れることでライブがない(お盆を過ぎるまで諦めません)訳ではないと思うけど、ライブだったら構成に不満があっても、たとえマメップでほとんどメンバーの顔が判別できなくても最終的に「ガッカリ…」なんてことないし、もう観なくていいやなんて思わないのに。。。まあ比べる対象ではないけど。

あー長くなっちゃったな。
ライブのことを書こうと思ったのに映画のことまで文句言っちゃった。何でかって言うと昨日『西遊記』を観たんです。ドラマを1話で挫折したので正直、観に行くつもりはなかったけど、つよちゃん出てるし予告も何となく面白そうだったから観に行ったんですけどね。。。
慎吾を始めとする役者さんがカワイソウって思いました。何でこんなに安っぽく仕上がっちゃうんだろう。テーマの『なまか』も全く感じられないし、何だかTV局のお金儲けに付き合わされたって感じです。

27時間TVも含めて慎吾、お疲れさま。
まだ満員御礼の舞台挨拶があるんだよね。もう一踏ん張りですよ。

« 3口目 | トップページ | イライラ解消 »

SMAP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3口目 | トップページ | イライラ解消 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata