« 「ストリングス~愛と絆の旅路~」だって | トップページ | 例の噂 »

2007年2月 9日 (金)

世界は広い

おとといバイト先で見たTBSの『1秒の世界』
テーマは地球温暖化、戦争、エコ。
この中で印象的だったのが究極のエコ生活をしているエチオピアの“コンソ”という少数民族。ざるに穴が開いたらそこに動物の糞を詰めて使い続け、汚水は家畜の飲料水にします。不毛な土地で少し掘れば石がゴロゴロ…その石を使って石垣を作って段々畑に。そんな一切の無駄を出さない民族。自給自足でTVどころか電気製品なんてどこにも見当たらない。でも貧しさは全く感じられないし、むしろ目がキラキラしていて笑顔に溢れてた。
そんな環境に優しい生活をしている彼らが地球温暖化による被害を受けています。異常気象で雨が降らないはずの乾季のエチオピアに雨が降り続く。その雨が石垣を崩し、大きな土砂崩れを起こして死者まで出しているみたいです。何の罪もない人たちなのに。

この番組で一番衝撃的だったのは世界の夜景を写した衛星写真。日本は面積が小さいせいもあるけど日本列島がそのまま白く写されていた。それだけ夜、電気を使っているということなんだけど、これはもう、どうにもならないんじゃないかなって思う。ちょっと歩けば24時間営業のコンビニやスーパーがある便利な生活、夜通し働く人たち。防犯のために明るくしているところもある。
個々にエアコンの温度に気を遣ったり、電気をこまめに消したりすることは全く何もしないよりは地球のためになっていると思うんだけど、それだけでは追いつかない気がして怖くなる。もっと大々的に何かしなければならないのかも。
個人的には夜型の生活を変えなきゃって思います。美容のためにも地球のためにも夜は早く寝た方がいいんですよね。

カンボジアの貧しい生活、地雷による被害、コンソの無駄の無い生活を見た直後にフジテレビの番組でやっていたアメリカ(?)の“100g数万円のチョコレート”。あんな高級なチョコレートを買う人も世の中にはいるんだね。トリュフが丸々1個入ってて、お世辞にも美味しそうには見えなかった。金持ちが考えることって不思議。
今日、バレンタイン用のチョコ(もちろん義理)を買いに行ったんだけど、何か全体的にお高くなってません?チョコもブランド志向になっちゃってさー。トリュフ2個で1000円なんてありえないっつーの!!もちろん、そんなものは買えません。

« 「ストリングス~愛と絆の旅路~」だって | トップページ | 例の噂 »

TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ストリングス~愛と絆の旅路~」だって | トップページ | 例の噂 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata