« あーあ… | トップページ | 祝・紅白出場 »

2006年11月29日 (水)

僕の歩く道 第8話

『偽りの心と真実の愛』

まず
今まで何とも思わなかったけど…
かーわーはーらーっ!(怒)
何なの?アレ。
前回のパーティーの時も、遅れる都古が「先に行ってて」って言ったにもかかわらず、体裁を気にして勝手に待って勝手に怒ってたんだよね。
大竹家と動物園に漂う穏やかな空気に反比例して、だんだん緊張感が漂っていく都古と河原さんの関係。
わざわざ二人に”不倫”をさせていた意図が、だんだん明らかになって行くのでしょうか?

今回クローズアップされたのは園長。
「本社に戻り出世したい」
そのために障がい者のテルを受け入れ、マスコミに動物園を宣伝することだけを考えている。
ハタから見れば“なんてヤツ”って感じだけど、経営者とか上に立つ人はそういうことも大事なんだよね。
でも、動物のことを少し勉強した方がいいんじゃない?って思ったり(苦笑)

従業員の反感を買っていることを感じた園長は、古賀さんに本音を漏らす。
古賀さんも誰にも言えなかった、都古にしかうち明けていない息子のことを園長に語る。
テルが動物園に来なかったら、この二人がこんな風にお酒を飲みに行くなんてことはなかっただろうし、本音を言い合うこともなかったかもしれない。
予告の「障害者に理解のあるフリをしなければならない」にはショックだったけど、想像していた状況と違ってたのでホッとした。

本社の上司が動物園を視察。
定規を使ってりんごを切るテルをバカにした言動。
「なんてコトをしてくれたんだっ!」と怒鳴り、上司から定規を奪い取りテルの元へ走る園長。
予告を見た限りでは何を怒ってるのか分からなかったけど、テルのためだったんですね。
このシーン、私は泣けなかった。
何だか笑ってしまった。嬉しくて…
「園長、走れー!急げーー!!」って感じで(笑)
走り方も必死さが伝わってきたし。
園長がテルに定規を返すとピターッとパニックが治まったのも可笑しかった。
理解のあるフリをしていた園長のテルへの愛情が垣間見られた瞬間ですね。
こんな風に、どうすればパニックが治まるとか理解すれば偏見だってなくなるんだろうし、健常者との距離だって縮んで行くのかもしれない。

お母さんから園長への手紙。
お母さんと古賀さんの会話。
テルを見つめる古賀さんと三浦くん。
真樹さんから幸太郎へ絵の具のプレゼント。
絵画教室にまた通えることになって嬉しそうな幸太郎と真樹さんの笑顔。
どれも本当に心が温まる。

やっと亀田さんの喫茶店に入ることができたテル。
また”新しい場所”が仲間入り。
亀田さんは、テルのことをどう思ってるんだろう。
来週は亀田さんとより親密な関係になりそうですね。

お母さんに電話したときの「ボク…」が超カワイイ。

« あーあ… | トップページ | 祝・紅白出場 »

TV」カテゴリの記事

クサナギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あーあ… | トップページ | 祝・紅白出場 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata