« おしゃれイズム | トップページ | 脱力 »

2006年5月 1日 (月)

父帰る/屋上の狂人-2

運よく30日13時の回を観ることができました。

29日10時、全くつながる気配のない電話。
11時を回り、やっぱり無理かぁ…って諦めかけたところにメールが。
中居ファンで前回一緒に行って「屋上の狂人」の義太郎にハマった戦友からで、11時頃につながったらしくキャンセル待ちの10番台をゲット。
すでに18時の回だけ終了していたとのこと。
2回も観に行けるなんて思っていなかったので、本当にラッキーでした。

今回はトラムシートの一番端っこ。
左端と右端だったので、友人は左端、私は右端です。
前回左側の立ち見だったので、右側を譲ってもらいました(Aちゃん、ありがと~)
開演間近、私の側にあったパイプ椅子に男性が座った。
メモ帳を持っている。
あ、河原さんだぁ~~
こんなところにいたのね。
オシャレだな。ツヨの周りにはオシャレな男子が多いね。

■■父帰る■■
「おたあさん」
やっぱり、いい声だなぁ…
一番後ろまでビンビン響いてくる声。
正直、前回は何を言っているのか分からないところもあったけど今回は聞き取れた。
て言うより、ゆっくりしゃべってたかも。
2回目だからということもあるかもしれないけどね。
西尾さん登場直後、河原さんがなにやらメモってた。
一番後ろだったので細かいところは見えなかったけど、全体が見渡せてよかった。
でも遠かったなぁ…
前回の“近すぎる”という衝撃を味わってしまったから(苦笑)
それでも、賢一郎の顔からポトリと一滴落ちたのは見逃さなかった。

「父帰る」終了後、すぐに河原さんが出て行く。
何かを出演者に伝えに行ったのかな?
戻ってくるとすぐに携帯の電源を入れてメールチェックをしていた。
待ち受けは娘さんかな…小さな女の子でした。
覗いたわけじゃないんです、見えちゃったのっ!(笑)

■■屋上の狂人■■
こちらは前回と違って、屋根の上の義太郎と同じくらいの高さにいる。
私と目が合いそう(←バカ)なんて思うんだけど、私の右側を見ている感じがして…
もしかしたら、金比羅さんを見ている義太郎は河原さんを見ていたんじゃないかな?
そんな風に感じた瞬間が2~3回ありました。
でね、河原さん、笑いすぎですから(笑)
本当にね、大声で笑うんですよ。
「屋上の狂人」の一番のファンは河原さんですね。

大したレポじゃなくて見に来てくれた方に申し訳ないです。
終わってしまうっていう感情が先走ってしまって、正直“心ここにあらず”だったので。
「この舞台をちゃんと目に焼き付けておこう」
そう思いながら観ていました。
だから、セットや照明、お客さんの反応などこの空間全部を私の中に閉じ込めてきました。
クサナギツヨシをはじめ共演者・スタッフの皆様、そして演出の河原さん、長丁場お疲れ様でした。
この作品に出会えたことに感謝。
いつかまた会えたらいいね。

帰り際、EXILEのHIROさんらしき人を見かけました。

« おしゃれイズム | トップページ | 脱力 »

クサナギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147273/9837543

この記事へのトラックバック一覧です: 父帰る/屋上の狂人-2:

« おしゃれイズム | トップページ | 脱力 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata