« 残り3週間 | トップページ | 穏やかな休日 »

2006年4月 9日 (日)

長い旅を終えて

残業疲れで爆睡の午前7時半。
父が母の部屋のドアを開けて大声で何か言っている。
続いて弟の部屋のドアを開けて「・・・・・・・・・ぞ」
最後に私の部屋。
「○○が帰ってきたぞっ!」

1ヶ月前から行方不明だった、ウチの猫

昨日帰り道に歩きながら空を見て願った。
せめて、生きていて欲しい。
生きていればいつかは必ず戻って来る。
そう信じていた。

保健所に問い合わせたほうがいいのかなとも思っていた。
風呂嫌いで見た目を全然気にしない彼はどう見ても野良猫だし。
ついに捕らわれてしまったのかと…

家族全員がほとんど諦めていた。
でも、彼は何事もなかったように帰ってきた。
父親を恐れているので、「入れ」って言っても家に入って来なかったらしい。
父が私達を起こしている間に入り、いつものようにちょこんと座っていた。
そしていつものようにご飯をねだる。
ネコ缶と牛乳を平らげ、いつものように自分で網戸を開けて庭でくつろぐ。

どこで何をしていたか聞いても答えてくれないけど、帰ってきてくれただけでもう満足。
久しぶりに明るい空気が我が家に溢れている。

ネコ好きにはたまらない、町田康さんの「猫にかまけて」
かなり泣けます。

« 残り3週間 | トップページ | 穏やかな休日 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147273/9501653

この記事へのトラックバック一覧です: 長い旅を終えて:

« 残り3週間 | トップページ | 穏やかな休日 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata