« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

始まっちゃう!

いよいよ明日から舞台。
ずーっと前から楽しみにしていたけど、いまだにチケットはゲットしてません。
半分諦めてますけど。

「愛と死をみつめて」で広末ちゃんが話す方言がすごく良くて…
だからツヨも方言を話すドラマをやって欲しいなーなんて思ってたら、舞台で方言を使うんですね(今さら)
家でお酒も飲まずに練習したツヨの方言を1度でいいから聞いてみた~い!!

2006年3月30日 (木)

うちの猫

3週間以上うちの猫(オス)が帰ってこない。
いつも春先になると出かけてしばらく帰ってこないけど、こんなに長いのは初めてかも。
もう若くないし、腎臓の病気を患っているから覚悟を決めなきゃならないのかなぁ…

うちにはその猫と、若いメス猫とメス猫が産んだ姉弟がいました。
うちの猫と3匹の猫との関係は…
ある日、このメス猫の親をうちの猫が連れてきたんです。
4匹の生まれたばかりの子猫も一緒に。
でも親猫はすぐにどこかへ行ってしまって(近所でたまに見かけるけど)、残された子供たちの中で生き残ったのがこのメス猫。
このメス猫はヤンママで、1歳になる前に1回目の出産(姉誕生)
そして、また1年経たない間に2回目の出産(弟誕生)
3匹は居候で、庭を寝床にしてうちの猫のエサを盗み食いしながら生活してました。
ほとんど外出もせず。

でも年明け早々母親がいなくなり、何日かして姉がいなくなって、うちの猫がいなくなる数日前に弟がいなくなったんです。
うちの猫がいなくなったのは今月の5~7日。
その数日後に親猫が帰ってきた(驚)いなくなってから2ヶ月。
どこにいたんだろう?
うちの猫に「ちょっと家を空けるから留守番頼むぜ」なんて言われたのかな?
それとも「もうボクは永くない。だからあの家族を頼むよ」とか?
でも、うちの猫とメス猫の関係が分からないんだよねー。
だって、メス猫も姉弟もうちの猫の子じゃないんだもん。
パトロン?

うちの猫、以前足を悪くして病院に行ったとき、先生に「かわいそうだから名前を変えてあげてください。こちらも呼びにくいんで」と言われたことがあります。変えなかったけど(苦笑)
でも、何十匹も飼った猫の中で一番家族から愛されている。
バカな子ほど可愛いって言うじゃん。

2006年3月29日 (水)

新曲だって

「恋のダウンロード」が頭から離れません。それでいいのか、仲間由紀恵。

スマさんたちの新曲が出るそうで。
この間出したばっかりじゃんって感じなんだけど。感覚が麻痺してるな~
またメッセージ性の強い曲みたいだねぇ・・・
Mステはどうするんだろー?4月中は無理でしょ。
4人だけっていうのは止めて欲しいな。

本屋に行ったけど時間が10分しかなくてじっくり読めなかった(立ち読みかよ)
とりあえずMOREと月テレをゲット。
AERAは写真がよかったな。
ガイドとジョンはパラパラ見て終了。時間があるときにまた読みに行きます(苦笑)
他は見つからず。
雑誌もTVも追いつかないよ~(焦)

2006年3月28日 (火)

早く!

本屋さんに行きた~い!!
MOREもマダだし、他にもたくさん出てるらしい…って遅いですよねぇ(恥)
MOREはいつもたくさん置いてあるけど、他のはいつも少ないからもう無いかも?

2006年3月27日 (月)

草なぎって人

某所で読んだパワスプレポより。
草なぎって人に会ったことがないツヨっさん。
私、遭遇したことがあります。

続きを読む "草なぎって人" »

2006年3月26日 (日)

ぼくはフツーですよ

@増刊号
こういうところが好き。

「身内自慢」で小さな子が出るたびに前かがみになるところがツボ。

2006年3月25日 (土)

自堕落な生活

一日中寝てしまった。
昨日、久しぶりに日付が変わる前に寝たのがいけなかった。
夜中に起きちゃって、付けっぱなしだったTVでやってたモノクロ映画をうつらうつら観る。
それから寝たり起きたり・・・
しっかり合間にご飯も食べて。
今の仕事を始めてから土日連休になったけど、土曜日は“眠る日”になった。
かなりヤバい今の自分。

2006年3月24日 (金)

かわいいやつ

今日の10時から緊急販売された「父帰る/屋上の狂人」の追加席。
ちょっと電話できそうになかったので、週1で行ってる会社の同僚(中居ファン)にメールでお願いしておいたら、忙しいのに電話してくれたみたい。
取れなかったけど(涙)
今回もやっぱり店頭へ並んだ方が確率高かったのかな?
平日なんて無理だよーー!

そんなこんなで、金曜いいとも。
もう、すっかりマコ臭もなくなったクサナギツヨシ。
虫食いTシャツがかわいい。
前に、拓哉ファンの友達が「ツヨシはオシャレ」って言ってくれた。
“オシャレ=拓哉”が通説なのですごく嬉しかった。
ツヨは女の子でも着れそうな感じが多いね。
自分でも「かわいい服が好き」って言ってた気がする。
男子ウケはよくないかもしれないけど。
木村くんか慎吾ぐらいだもんね、ファッション誌に出るのって(たまには出て欲しい)

「オーラが命」は昨日会っていたというレイザーラモンHG(“ぷ”か“どっち”?)
「わかんなーい」がスッゲーかわいい。
何なの?この人。
かわいすぎでしょ。
前髪あげてた方が絶対いいよぉ~~

2006年3月23日 (木)

まったく男ってやつは

アホですね~
何がって、今週の「ぷっすま」ですよ。
ゲストは以前ナギスケと一夜を共にしたつっちーと、初登場の元ナンバーワンホスト城咲仁くん。
仁くんは芸能界に入りたての頃に比べるとキャラ変わってますね。
この間のいいともから薄々感じてはいたんですけど。
もっとキザでカッコつけな人かと思ってました。
元々ああいう人なのかな?
だから№1になれたのかもね。
意外と好感度アップかもしれません。
ていうより、私の中でツヨと絡むと好感度が上がるしくみになっております。

いつもは苦手でながら見の“水着に着替えたら”
珍しく面白かった♪
やっぱり一番のツボはTバックに照れてユースケさんに抱きつくツヨ。
そして「歌ってください」と言われ「あいづばんだいさんは~♪」と熱唱するツヨ。
下敷き(?)で隙間をふさぐ意地悪なツヨ。
膝枕にも秒殺で。
超か~わ~い~い~~
あーー三愛の店員になりたい(えっ!?)

2006年3月22日 (水)

今頃になって

「愛と死~」がじんわり心に染み入ってきました。
それとともに、少しの不満も出てきました。
やっぱり原作があったり、リメイクだったりすると難しいのかな?
時間とかいろいろ制限もあるし。

続きを読む "今頃になって" »

2006年3月21日 (火)

世界一

すごーい!勝ったよ!!よかった~~♪
みんなの笑顔が本当に嬉しい。
今回の大会でイチロー選手の情熱が伝わってきました。
王JAPANおめでとう!!

WBC決勝

いよいよキューバとの決勝戦。
韓国もそうだったけど、国を挙げての気合の入れ方はスゴイ。
日本はどうしても軽~いお祭り騒ぎにしかならなくて…
サッカーのワールドカップやオリンピックもそう。
“こんなときばっかり”っていう思いが頭を過ぎる。

今回のWBCだって、始めは世間も報道も否定的なものが多かった。
野球人気の下降も手伝って、周りでも興味のない人がほとんど。
それが、決勝進出が決まってからはどこも「最初から応援してました」みたいなニュースや報道。
世界的な大会ではないかもしれないし、アメリカ主導で主役はアメリカだった。
それでも、報道は国民にもっと関心を持たせるべきだったんじゃない?
いちいち、「野球人気の下降」を取り上げて、一方ではいわゆる“イケメン”を特集。
サッカーなどに比べてイマドキのイケメン率は少ないから余計・・・・・・
野球の面白さをもっと伝えて欲しい。
オリンピックの正式種目から外されると言われている野球。
日本が確実にメダルが取れる競技の一つだと思う。
もっと世界中に広まることを願います。

おっと先制点だ!

2006年3月20日 (月)

愛と死をみつめて

全体的に淡々としていて静かなドラマでした。もちろんいい意味で。
音楽も大げさではなくて。
号泣・・・はしなかった。
でも、胸がきゅ~んってなったり、ぎゅぅぅって締め付けられたり。
まだ1回しか見ていないのでどうしてもツヨを1番に目で追ってしまうんですけど。
でも、このドラマはミコの広末ちゃんが主役ですね。
本当にいい演技をしてたな~
あとユースケさん。ツヨの友人役の池田努さんもよかった。
池田さんは本当に60年代の青年って感じで、全く違和感を感じなかった。

印象に残ったシーンと言葉
ミコとマコが出会う炊事場のシーン
もみ合って倒れこんだ後に、ミコの顔にかかった髪をはらうマコ
「お姉ちゃんは、手術が失敗することが怖いんやない。成功することの方が怖いんや」
「命に限りがあっても、人を愛してもええと思いますか?」
「命に限りがあるからこそ、人は人を愛するんだと思う」
ベッドでの添い寝とキスシーン
「お前がどうこうできる問題じゃないだろう」と言われた後のマコの表情
「生きることだけ考えましょう」
「ファイト、ファイト、ファイト!」
大島家の最後のドライブ
エレベーターの中で手を繋ぐ二人
「マコ、もう1日だけおって」

そして、二人が過ごした最後の日。
ミコに缶詰のみかんを食べさせてあげるマコ
最後の“いん じゃん ほい”
ミコの顔を剃ってあげるマコ

他にもいっぱいあるけど書ききれないよ。

続きを読む "愛と死をみつめて" »

2006年3月19日 (日)

お墓参り

何年振り…いえ十何年振りにお墓参りに行きました。
遠い母方の方でも車で30分なんですけどね。
いけませんね。ずーっと心に引っかかってたんですけど。

そこで初めての発見。今さらですが・・・
父方のお祖母さんの名前が“つよ”でした。
どれだけお墓参りから足が遠のいていたかが分かりますね(苦笑)

2006年3月18日 (土)

はじまるよ

帰ってきちゃった~~♪
だって部長が「帰ろう、帰ろう」言うんだもんっ!
他の人もみんな帰っちゃったし。

今回の番宣は昨日の報道ステーションだけ見ました。カミカミつよしを。
古舘さんのテンションが苦手な上に、韓国の話ばっかりで。
なんだかつまんなかった。
朝のWSにも出たんだって他の方のブログで知りました。
フジテレビなら出るかな~って考えるけど、今回全然意識してなかったな(ファン失格)
あと30分・・・・・・ドキドキ。

2006年3月17日 (金)

どうしよ~~

土曜日、休日出勤だって。
はあ!?ありえなーーーい!!
「残業しなくてもいい?」って聞いたら「進み具合による」だって(当たり前だけど)
たまには早く帰らせてよ(怒)
今日なんて26時だよ?
他の社員はみんな帰っちゃってるのに。
私はバイトだっちゅーのっ!
絶対「愛と死をみつめて」が始まるまでに帰ってやるー!!

2006年3月16日 (木)

うひょー(驚)

最初に謝ります。ごめんなさい。
“堂本剛”でアクセスされた皆々様。
こちらはツヨシはツヨシでもクサナギの方のブログでございます。
「チッ、なんだよ、クサナギかよ」なんて舌打ちが聞こえてきそうです。
申し訳ないです(苦笑)
それにしても、ビックリ。アクセス数が初めて3桁突破しました。

ありがとう、堂本剛殿。

2006年3月15日 (水)

正直しんどい(2)

堂本剛くんと言えば…
自身のエッセイにツヨとのエピソードを語ってくれてますね。
ナイーブな彼だから、嘘はないと思います。
だからこそ嬉しい内容でした。
「愛と死をみつめて」の番宣でWつよしを見たかったな~
二人っきりだと照れちゃうだろうから、ツヨ&広末ちゃんかツヨ&ユースケでさぁー
ツヨ&ミッキーでもいいね♪
昨日の「ぷっすま」早く見なきゃ。

「愛と死を~」の会見があったとか。
だいぶ乗り遅れてるなぁ・・・・・・

正直しんどい

って、私のことですが(堂本くんではありません)
毎日6~7時間の残業。それなのに常に納期から1日遅れ。しかも発注数割れ。
こんなにやりがいのない仕事だとは…
達成感っていうものが全くないので気が滅入る。
「やっと終わったーー!飲みに行こうぜ~♪」なんて気にもならない。
やってもやっても終わらない。
夜が更けてゆくにつれ、効率は下がる一方。
とにかく目を使う仕事なので、ドライアイの私はかなりツライ。
おかげで視力も低下。今年のスマコン(あるのか?)までにコンタクト変えなきゃ。

2006年3月14日 (火)

ハッピー?ホワイトデー

今日はホワイトデー。
もらうだけもらっといて、お返しをしない男はアウトオブ眼中(古ーーーっ!!)
で、例の工場長ですよ。
今日はどんな手を使ってお返しを渡しに行くんだろうって話してて、この間はボールペンだったから今日はカッターだとか眼鏡でしょうなんて言ってた私たち。
見事に予想は外れ、出先から電話で「今○○から電話があって、これから打合せに行く」だって。
別にわざわざ電話してこなくても…(苦笑)
2時間ほど打合わせして帰ってきましたよ。
本当に打合せかもしれないけどね。

2006年3月13日 (月)

早送り~

ビストロ長っ!!
ツヨが映ったところ以外は早送り。もしくはながら見。
苦手なんですよ。

続きを読む "早送り~" »

2006年3月12日 (日)

アナタ

久しぶりのスマステ。
オープニングのハイタッチを慎吾ちゃんにかわされ、名前を紹介される前からイ・ジュンギくんについて語りだすクサナギツヨシ。
本当に準レギュラーなの?(笑)
慎吾ちゃんも「いじりた~い!」って顔してて…嬉しくて仕方ないって感じで。

「アナタ」のエピソードは涙が出ました。
旦那さまの帰りを独りで待ちわびる奥さまの想い。
“手紙は短くても伝える気持ちの強さ”
うーん。耳が痛い。
私はメールぐらいしかしないけど、ついつい長くなっちゃう。
でも、長いメールを送った後に返ってきたメールが短すぎると寂しいよね??
最後はやっぱりいつものカミカミ剛だったけど、いつになく(?)コメントがよくて、このドラマへの熱意が伝わってきました。

「愛と死をみつめて」
なるべく番宣番組は見ないように、予備知識のないまま挑みたいと思います。

2006年3月11日 (土)

へとへと

昨日は仕事が終わったのが25時半。
おとといも24時でした。
それから帰宅して夕飯。
体内時計が狂い始めてます。

今日はスマステ!
生ツヨだぁ~~
ビデオテープも買ってきたし(あぁ…HDD欲しいなぁ)来週の“愛と死”週間に備えて準備万端。
ていうか、ツヨ情報に追いついていないから、いつ何があるのか分かんない。
とりあえず「Weeklyぴあ」はゲット。
いつも棚に陳列されてるのに、珍しく平置きでした。ツヨ効果?

ツヨ様、どうか疲れきっている私を癒してくらさい。

2006年3月10日 (金)

白夜行 第9話

すべてを悟ったお母さん。
自分の今後を語る雪穂に「初めて本音を聞けた」と喜んでいたのに。
すごく衝撃的な結末でした。
「二人してその様か。哀れやなぁ…」
ものすごく心に響く言葉だった。
あの優しいお母さんにそこまで言わせてしまった二人。
早く捕まって欲しい。
もう罪を重ねないためにも。

八千草さんの演技に引き込まれた。
病室での雪穂&亮司とのやりとり。
目の動きとか…
額の血管に感情が表れてましたね。

2006年3月 9日 (木)

サービス

水曜の夜は食べ物屋さんでバイトしてます。
前のバイト先で知り合った人が始めたお店なので気楽にやってます。
なぜ週1回かというと、開店当時のバイトはマスターの知り合いの寄せ集めで、それぞれみんな仕事を持っていたので全員が週1回でした。
そのメンバーも私以外は辞めてしまい、今は私だけが週1で他の人は週2~3回かな。
週1回だから辞める理由も特になく現在に至るって感じ。
でも、なんか合わないんだよな。マスターと(苦笑)
6~7年の付き合いだけど、なんて言うんだろう…息が合わないっていうか気が合わないっていうか…考え方が全く違うし、かみ合わない。最初のうちは気にならなかったけど、えーなんで?って思うことが結構ある。

週1なので知らない間にちょっとしたこと(盛り付けとか配膳の仕方とか)が変わっていたりするんだけど、そういう教えて欲しいことは言ってくれないのに、毎回変わらずすることはいちいち指導してくれる。

バイトの行動を見てないので、例えばトイレ掃除やった直後に「掃除やった?」とか。今やったじゃん(怒)っていうことがしょっちゅう。

狭いお店なのに、普段使わない物やマスターの私物が従業員の動線上に溢れていて本当にやりづらい。

お客さんに対する態度も常に“上から目線”
「俺が、俺が」っていうタイプなので、お客さんとの会話も相手を立てることはない(苦笑)いつも最初は楽しく話していたお客さんも、だんだん口数も減って一方的にマスターの話を聞く展開に。

ここまで書いといて、なんでバイト続けてるんだろう?って思うんだけど(笑)

続きを読む "サービス" »

2006年3月 8日 (水)

秘書室

またしても官能小説ですよ(喜)
恥ずかしがってる姿が激萌え~です。
カミカミなクサナギツヨシも久しぶりに見れた気がする。

キルフェボンは静岡で生まれたんですよ~ってすでにご存知?
ほしのあきさんの胸を直視できないオトコ三人。
真剣にメニューを読んでるユースケさんにツヨが「あ、ユースケさんっ!」って。
「早く見て!今あきちゃんが乳を寄せてるよ!」みたいな?(笑)

グダグダな物まねのツヨに対して、ユースケさんのHGはなかなかGJ。
それを見たツヨの「いいねぇーユースケさん!」が可愛いぞ。

2006年3月 7日 (火)

微増

舞台の共演者の方の日記を読んできました。
剛ファン増殖中~~
嬉しいなぁー
特に年上の方だと人を見る目が肥えているから、周りに剛ファンのいない私は自分の“オトコを見る目”が間違っていなかったんだって自信が持てる(笑)

2006年3月 6日 (月)

倖田炒め

倖田來未、顔小さっ!!
中居くんも小さいほうだけど、さらに小さい。
手のひらサイズだね。
それにしても、スゲー格好だな(苦笑)

やっぱりゴロツヨはかわいいな~(何度も言いますよ)
ヘタレ具合も一緒で和むよ。
野菜炒めで、あんなに喜んでもらえると嬉しいね(若くて可愛い子限定)
でもさー、毎日おいしいモノを食べてる有名人、しかも料理を作れる男の人に食べてもらうなんて勇気がいるよ。かなり…

吾郎さんのたこ焼きでゴロツヨ勝利♪
倖田來未は木村&慎吾ペアを選ぶと思ったけどなー。いや、なんとなく。
今日はゴロツヨの小芝居以外は笑いどころのないスマスマでした。
あ、あった。
コブクロを一個ずつ渡すクサナギツヨシ。
「コリコリして歯ざわりがいいと思います、はい」←この“はい”がツボ(笑)

来週は荒川選手が出演。この時期に押さえてあるのはサスガですけど…(以下省略)

2006年3月 5日 (日)

コロッケ

昨日は体調が悪い母の代わりにコロッケのコンサートに友達と行って来ました。
SMAP以外のコンサートに行くのは何年振り?
しかも「行きたい」という気持ちが10%もないコンサート(苦笑)
やっぱり、会場にいるのは50代以上の方がほとんど。
家族連れもちらほらいたけど…
ビックリしたのは、手荷物検査がなかったこと。
おまけに会場で使い捨てカメラを売ってて、“撮影はご自由に”という感じだった。
内容は、おなじみのナンバーで、淡谷のり子やサブちゃん、五木ひろしなどなど。
目新しさはなかったけど、トークが上手い。
途中、“谷村新司”で舞台を降りて、だいぶ上の方まで来てみんなと握手をしてくれた。
さすがに全員とはいかなかったけど、カメラを構えてる人の前ではちゃんと立ち止まってくれててお客さんを大切にしてる感じがよく分かった。
1000人程の小さい会場だったから出来ることかもしれないけど、老若男女楽しませてくれる演出はスゴイなーって思う。
最初は全く行く気がなかったけど、終わってみれば「楽しかった!」って友達と言い合えるコンサートでした。

野球、韓国に負けちゃったね。大丈夫かなぁ…

2006年3月 4日 (土)

イケメン考

“シャツをパンツに~”で思い出したけど「探偵!ナイトスクープ」で“イケメンはシャツをパンツ(下着)に入れる”ということをホストクラブで検証してた。
人の好みもあるだろうけど、イケメンチームとそうでないチームに分けてズボンを脱いでもらったらイケメンチームは8割くらいがシャツをパンツに入れていて、そうでないチームは1人も入れてる人がいなかった(笑)
みなさんの周りのイケメンはどうですか?

ゆうこりん

金曜いいとも。
この間のぷっすま以降、好感度急上昇のゆうこりん。かわい~~
好きでも嫌いでもなかったけど、いいともレギュラーに決まった時は「何で??」って思ったんだよね。
他にいなかったのか?と。
でも今ではすっかり金曜日に馴染んでて。
意外としっかりしてるところもあるし、空気も読めてるじゃん(何様?)
おすぎが毛嫌いするタイプかと思ったけど違うみたい。

ツヨの衣装は自前かな?ああいうシャツ着るの、最近では珍しい気がする。
ホテビの影響でカチッとしたシャツをパンツに入れて着ることが多かったよね?
学生っぽくてかわいいな。

2006年3月 3日 (金)

やっぱり言えない

今日、社員さんと二人きりで残業しているとき
「○○ちゃんは、歌手とか俳優とかで誰が好き?」と聞かれた。
そういう時、ついごまかしてしまう自分がいる。
“クサナギツヨシ”と言える相手と言えない相手がいる。
どこで線引きをしてるのか分からないけど…
たぶん割りと何でも受け入れてくれる人には言えているんだと思う。
言ってしまって失敗した経験が何度かあるので、この話題には慎重になっちゃうんだよな~
思いっきり「えぇーーー!!○○○○○」と言われたこともあるし(○の部分はご想像にお任せします)
そんな時は、オダギリジョーと答えることにしてます(笑)
どうやら、その社員さんはHYDEが好きらしい。
やっぱり言わなくてよかった(苦笑)たぶん理解していただけないと思うね。

遅くなりましたが…ぽんさん、リンクありがとうございます♪

2006年3月 2日 (木)

明日の

テレフォンショッキングは勝地涼くんですね~
どんな話題が出るのか楽しみです。
ツヨ話が出ると嬉しいんだけど(金曜日だしね!)

今日は疲れたナリ。おやスマなさい。

2006年3月 1日 (水)

くまがいない

昨日のぷっすま。
癒し系天然コンビで和んだね。
いいともで共演しているからなのか、ツヨもリラックスしていたみたいで。
ルールを理解してないゆうこりんに何度もツッコミを入れるクサナギツヨシ(珍しいね)
コリン星から来た宇宙人に助けられっぱなしで「すごいよぉー!ゆうこりん!!」って、いくつなんだお前は(笑)
かわいいな、兄妹みたいで。
ユースケさん涙のオープニング(?)にはちょっと笑ったけど、こちらの同年代コンビもなかなか雰囲気がよかった。
でも、くまのすけがいなかったね…、ちゃんと“いないこと”を説明してくれるし、所々で名前を出してくれるからこの番組って好き(愛を感じるわ)
本来なら脇役になるアナウンサーだけど、やっぱり3人揃わないとね♪

チケットの再販情報に乗り遅れておりますが、毎回当日券があるということで狙っていこうかな~
観たいけど、やっぱり何万も出すのは無理(ファン失格?)

17日の徹子の部屋に出演するみたいね。
前回の放送は覚えていない…ていうか見てないかも(苦笑)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata