« ぐったり | トップページ | 真央問題 »

2005年12月21日 (水)

1リットルの涙(最終回)

精一杯生きた亜也。最後まで“歩くこと”も“書くこと”も諦めなかった。
本当に強い人だなって思った。10年も闘病生活をしていたら“生きること”を諦めてしまう人もいるのに…
亜也の最期は冷静に受け止められたけど、1年後にお母さんが書いた亜也への手紙で涙腺爆発。薬師丸ひろ子の声っていいなぁ。
最後に麻生くんが出てこなかったのが残念。お医者さんになれたのかな?

私は、どれだけの人の役に立っているんだろう…。
「僕の生きる道」と同じくらい、いろんなことを考えさせられました。
死んでしまうことが分かっているのに、毎週楽しみで、“悲しい”だけで終わらないドラマでした。
亜也へ「ありがとう」

« ぐったり | トップページ | 真央問題 »

TV」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147273/7740881

この記事へのトラックバック一覧です: 1リットルの涙(最終回):

« ぐったり | トップページ | 真央問題 »

2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

RECOMMEND

  • BALLAD
  • yokozuna
  • yamanoanata